当スクール出身生:宇佐見 博巳選手の福島ファイヤーボンズ練習生加入のお知らせ

いつも福島ファイヤーボンズバスケットボールスクールへのご支援・ご声援誠にありがとうございます。

この度、当バスケットボールスクール白河校に中学生時代に在籍し、現在福島ファイヤーボンズユースU18に所属する(国際アート&デザイン大学校高等課程クリエイティブ総合学科アスリートコース)の宇佐見博巳選手が、福島ファイヤーボンズの練習生としてトップチームに参加することが発表されました。

当スクール出身、宇佐見選手の今後益々の活躍を応援いたします。

 

公式リリース:

練習生加入のお知らせ | 福島ファイヤーボンズ (firebonds.jp)

 

【祝・ウインターカップ出場!スクール卒業生インタビュー】

SoftBank ウインターカップ2020 第73回 全国高等学校バスケットボール選手権大会が2020.12.23~12.29まで開催され、熱戦を繰り広げた福島県代表校は多くの勇気と感動を与えてくださいました。当スクール出身者も代表校に複数在籍しており、今回はその一人、白河スクール出身の福島県立郡山商業高校No5,桐生選手のインタビューを紹介したいと思います。

 

桐生 優衣菜(きりゅうゆいな) 郡山商業高校3年

 

【バスケットキャリア】

熊倉ミニバス

西郷第一中学校バスケ部

郡山商業高校バスケ部

【実績】

ミニバス時代:福島県選抜(小6)

中学時代:福島県選抜(中1)、ジュニアオールスター選出(中2)

高校時代:ウィンターカップ3年連続出場(高1~高3)

19070_20210119195400

 

【インタビュー】

 

Q:福島ファイヤーボンズバスケットスクール(以下ボンズスクール)へは中1~中3まで在籍していましたが、スクールに入ろうと思ったキッカケを教えてください。

A:友人の母からの紹介でスクールを知り、まずは軽い気持ちで入ってみました。

 

Q:ボンズスクール時代に学べたこと。

A:ミニバス~中学はチームで決められた練習が多いが、スクールは個人スキル・技術・1対1に強くなる対人面など「ファンダメンタルを強化」できたことが一番大きかったです。

 

Q:中3でスクール卒業後高校バスケに活躍の舞台を移しますが、高校バスケで活かせたことはありますか??

A:一番はファンダメンタル、1対1局面でのドリブルで抜く個のスキルです。ボンズスクールは男女関係なく一緒に練習しますが、男子とのマッチアップがとても刺激になり特にスピード面(中学になると男女で全然違う)に慣れていたことは大きかったと思います。

 

Q:将来の夢や、今後のこと

A:東京医療保健大学に進学し、勉強とバスケ部を両立します。大学バスケ界ではトップレベルのクラブですが、今度はプレーヤーとしてではなくサポート側、マネジメントに興味があるので、「学生スタッフ」という立場で様々な視点を学びたいと思っています。もちろん全国優勝を目指します。将来は管理栄養士を目指し病院勤務を志しています。

 

Q:最後に、スクール出身の先輩として現スクール生、そしてこれから入会を考えている子どもたちへメッセージをお願いします。

A:ミニバス・中学・高校では学べない個人スキル、シュートテクニックなど周囲と技術の差をつけられます!そのなかで『楽しく』バスケットができる環境だから、自分をどんどん磨いていけます!

 

【編集後記】

コーチ陣から当時を回想して:

スクールに入ってきた時、普通は先輩とマッチアップすることに抵抗あるものだが、ゆいなは先輩に挑んでいくことに積極的だった。先輩後輩関係なく楽しく切磋琢磨できる環境のなかで、すごく成長したと感じる。教え子が活躍する姿はコーチとしてとても誇らしい!

 

スクール在籍生、出身生徒には地区選抜、ユースチーム昇格、全国大会出場、大学バスケ推薦入学など活躍の幅が広がっています。近い将来プロバスケット選手が誕生することを期待し、コーチスタッフ一同より一層の指導向上と子どもたちの心身育成に励んでまいります。

★無料体験参加中★

まずはバスケットの”楽しさ”を感じてみよう!!無料体験参加は同WEB内 申し込みフォームから受け付けています。

入会/参加申込 – 福島ファイヤーボンズスクール | 福島スポーツアカデミー (firebonds-academy.jp)

 

bj 2019 AEONカップ U12 開催のお知らせ

image

いつも福島ファイヤーボンズスクールへ熱いご支援を頂きまして誠にありがとうございます。

このたび弊社主催バスケットボール大会 『bj 2019 AEONカップ U12』 の開催が決定しました

のでお知らせします。

大会の日程・詳細は下記の概要をご覧ください。

全国の精鋭25チームが福島県に集結する本大会、どなたさまもご入場・ご観戦無料ですので

ぜひ会場へお越し頂き、未来のプロバスケットボールプレーヤーに熱いご声援をお願いします。

▼大会公式ホームページhttps://www.bj-academy.com/bbjc/u-12/

▼大会公式Fecebookhttps://www.facebook.com/BASKETBALLJAPANCUP/

▼大会公式twitterhttps://twitter.com/

大会概要


■大会名

「bj 2019 AEONカップ U12」

 (略称)AEONカップ U12

 

■大会趣旨

福島スポーツアカデミーの掲げる「福島から世界で活躍する選手を育てる」という理念に基づき、ジュニア世代から一般的なバスケットボールのルールで試合を行う。ゴールの高さを3.05m、ボールの大きさは男子7号球、女子6号球、3Pシュートを取り入れる等、バスケットボールを通じたコミュニティの創造とその拡大により社会に貢献し、また子どもたちにバスケットボールをプレイする場と他地域の子どもたちとの交流の機会を提供することを目的とする。

 

■日時

2019年7月14日(日)

2019年7月15日(月・祝)

 

■会場

田村市総合体育館(3面)

〒963-4312 福島県田村市船引町船引字遠表400番地

常葉体育館(2面)

〒963-4602 福島県田村市常葉町常葉宮川12

 

■主催

一般社団法人福島スポーツアカデミー

 

■協力

株式会社バスケットボールジャパン

一般社団法人バスケットボールジャパンアカデミー

allspo<オルスポ>

 

■特別協賛

イオンリテール株式会社 

 

■後援

福島県、福島県教育委員会、田村市、田村市教育委員会、福島県バスケットボール協会、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、福島民報社、福島民友新聞社

 

■福島スポーツアカデミーパートナー

NOK株式会社、藤田建設工業株式会社、有限会社ビクトリアハウジング、郡山自動車学校、

学校法人国際総合学園FSGカレッジリーグ、株式会社さんはる

 

■bjカップシーズンパートナー

◎オフィシャルパートナー

東進ハイスクール(株式会社ナガセ)、株式会社サーティファイ(バスケットボールスキルアップテスト)、株式会社ECC

◎オフィシャルボールパートナー

スポルディング・ジャパン株式会社

◎メディアパートナー

スポーツニッポン新聞社、高校バスケPRESS

 

■チーム数

男子 16チーム

女子 9チーム

 

■大会形式

男子 トーナメント戦

女子 予選リーグ戦、決勝リーグ戦

全チーム1日2ゲーム以上保証

 

■競技規則

原則として、日本バスケットボール協会発行による「2019~ バスケットボール競技規則」に準ずる。但し、一部ローカルルールを用いる。

「マンツーマンディフェンスの基準規則」による。(マンツーマンコミッショナーは置かない) 

 

■大会登録

選手及びスタッフの登録は、主催者が指定する登録用紙を主催者へ提出すること。

なお、出場する際は登録した番号のユニフォームを着用すること。(着回し禁止)また、登録後の変更は原則として認めない。(怪我などにより選手の変更を希望する場合は、医師の診断書を必ず提出すること。)

 

■組み合わせ

主催者が抽選を行い、決定。

 

■試合時間

6分×4Q、ハーフタイム5分

24秒ルール、14秒リセット、8秒ルール

 

■試合球

男子7号球、女子6号球(スポルディング社製)

 

■表彰

優勝チーム、準優勝チーム、3位チーム

MVP、ベスト5

 

■ユニフォーム

ユニフォームはプログラム上で最初に記載されているチームが淡色を着用すること。濃淡両色とも必ず準備すること。なお、ユニフォームに関しては、シャツは統一のユニフォームまたはリバーシブル、パンツはシャツと同色のものであれば可とする(統一の デザインでなくともよいこととする)。ユニフォームの色を変更する場合は試合開始10分前に運営本部に了承を得て、相手チーム・審判・T.Oに報告をする。その他の規定は競技規則に準ずる。

 

■ベンチ

ベンチは淡色のチームが、コートに向かってT.O席の左側とする。

 

■T.O

原則、出場チームからの帯同とし、割り当てに従うこと。

 

■スコアシート

試合終了後、スコアシートには、審判とT.Oの署名をすること。

 

■試合形式

(1)予選順位決定方法(女子)

 ・各チーム、リーグ戦で試合を行い、勝敗で順位を決定する。

 ・延長戦なし。

 ・勝敗数が同じ場合は下記の通り順位を決定する。

A)    2チームあるいはそれ以上のチームが勝敗分け数で同じ順位になった場合は、次のように上位チームを決定する。

・   2チームが同じ勝敗分け数になった場合は、当該の両チームの対戦で勝利した

チームを上位とする。

・   3チームが同じ勝敗数になった場合は、当該チームが対戦したゲームのみでの

得失点が多いチームを上位とする。

B)          A)を適用しても順位が決定できない場合には、当該チームが対戦したゲームのみでの得失点差が多いチームを上位とする。

C)          B)を適用しても順位が決定できない場合には、当該チームが対戦したゲームのみの

総得点が多いチームを上位とする。

D)          C)を適用しても順位が決定できない場合には、そのグループ内全てのゲームにおける得失点差が多いチームを上位とする。

E)          D)を適用しても順位が決定できない場合には、そのグループ内全てのゲームにおける総得点が多いチームを上位とする。

 

上記のような方法を適用してもなお同じ順位になるチームがある場合は、抽選で最終順位を決定する。その抽選方法は、大会主催者が決める。

 

(2)トーナメント・順位決定戦(男子)

・4Q終了後、同点の場合は1分のインターバルの後、3分の延長戦を決着がつくまで

行う。

 

■閉会式

3位以上のチームのみで行う。3位以上になった場合は原則参加すること。

 

■注意事項

・止むを得ず棄権しなければならない場合は必ず大会前日までに主催者の了承を得ること。

・ゲーム開始時刻までに5人揃わなかった場合は0-20の不戦敗とするが、試合時間内にチ

ームが揃った場合は協議の上、交流試合を開始するか否かを決める。

・ゲームの進行を妨げる行為をした場合は棄権扱いとする。

・大会期間中に予期せぬ事象(事故等)に遭った場合は、速やかに主催者に連絡すること。

なおその処置については、主催者で審議するものとする。

緊急車両が必要な場合は、主催者にて要請をするため、チームが要請しないようにする。

・最終試合終了後、会場にて表彰式・閉会式を行う。

・出場チームの代表者は、注意事項をチーム全員及び応援の方にも周知徹底すること。

・アップに関しては指定の場所で行うこと。

・大会期間中、選手・スタッフは必ず健康保険証を携行すること。

・大会中に撮影した写真や動画は大会の広報を目的に、一般社団法人福島スポーツアカデミー、ならびにbjアカデミー公式HP・SNSに掲載する場合がある。

 

■その他

変更・追加事項がある場合は、主催者まで連絡する。

 

ースポーツ振興くじ助成ー

image

 

 

 

『AEONPRESENTS2017 バスケットボールジャパンカップU-12』開催のお知らせ

『AEON PRESENTS 2017 バスケットボールジャパンカップU-12』開催のお知らせ

 

  大会公式WEB:https://www.bj-academy.com/bbjc/

19894891_1551436631596050_9098600932750456439_n[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会趣旨:

福島スポーツアカデミーの掲げる「福島から世界で活躍する選手を育てる」という理念に
基づき、ジュニアの年代から一般的なバスケットボールのルールで試合を行います。
ゴールの高さを3m5cm、ボールの大きさは男子7号球、女子6号球、3Pシュートを取り入れる
等、バスケットボールを通じたコミュニティの創造とその拡大により社会に貢献し、また子ど
もたちにバスケットボールをプレイする場と他地域の子どもたちとの交流の機会を提供するこ
とを目的としています。

 

日程:2017年7月16日(日)・・予選リーグ
         2017年7月17日(月・祝)・・決勝トーナメント

 

会場:郡山総合体育館(〒963-8016福島県郡山市豊田町3-10)
         郡山市西部体育館(〒963-0201福島県郡山市大槻町漆棒48)

 

主催:一般社団法人福島スポーツアカデミー

 

協力:一般社団法人バスケットボールジャパンアカデミー
         福島スポーツエンタテインメント株式会社

 

特別協賛:イオンリテール株式会社

 

協賛:NOK株式会社、北芝電機株式会社、郡山自動車学校、
         株式会社フォトクリエイト、藤田建設工業株式会社、
         学校法人新潟総合学院FSGカレッジリーグ

 

後援:福島県、福島県教育委員会、郡山市、郡山市教育委員会、福島県バスケットボール協会、
         福島県ミニバスケットボール連盟、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、
         テレビユー福島、福島民報社、福島民友新聞社

 

オフィシャルボールパートナー:スポルディング・ジャパン株式会社