【祝・ウインターカップ出場!スクール卒業生インタビュー】

SoftBank ウインターカップ2020 第73回 全国高等学校バスケットボール選手権大会が2020.12.23~12.29まで開催され、熱戦を繰り広げた福島県代表校は多くの勇気と感動を与えてくださいました。当スクール出身者も代表校に複数在籍しており、今回はその一人、白河スクール出身の福島県立郡山商業高校No5,桐生選手のインタビューを紹介したいと思います。

 

桐生 優衣菜(きりゅうゆいな) 郡山商業高校3年

 

【バスケットキャリア】

熊倉ミニバス

西郷第一中学校バスケ部

郡山商業高校バスケ部

【実績】

ミニバス時代:福島県選抜(小6)

中学時代:福島県選抜(中1)、ジュニアオールスター選出(中2)

高校時代:ウィンターカップ3年連続出場(高1~高3)

19070_20210119195400

 

【インタビュー】

 

Q:福島ファイヤーボンズバスケットスクール(以下ボンズスクール)へは中1~中3まで在籍していましたが、スクールに入ろうと思ったキッカケを教えてください。

A:友人の母からの紹介でスクールを知り、まずは軽い気持ちで入ってみました。

 

Q:ボンズスクール時代に学べたこと。

A:ミニバス~中学はチームで決められた練習が多いが、スクールは個人スキル・技術・1対1に強くなる対人面など「ファンダメンタルを強化」できたことが一番大きかったです。

 

Q:中3でスクール卒業後高校バスケに活躍の舞台を移しますが、高校バスケで活かせたことはありますか??

A:一番はファンダメンタル、1対1局面でのドリブルで抜く個のスキルです。ボンズスクールは男女関係なく一緒に練習しますが、男子とのマッチアップがとても刺激になり特にスピード面(中学になると男女で全然違う)に慣れていたことは大きかったと思います。

 

Q:将来の夢や、今後のこと

A:東京医療保健大学に進学し、勉強とバスケ部を両立します。大学バスケ界ではトップレベルのクラブですが、今度はプレーヤーとしてではなくサポート側、マネジメントに興味があるので、「学生スタッフ」という立場で様々な視点を学びたいと思っています。もちろん全国優勝を目指します。将来は管理栄養士を目指し病院勤務を志しています。

 

Q:最後に、スクール出身の先輩として現スクール生、そしてこれから入会を考えている子どもたちへメッセージをお願いします。

A:ミニバス・中学・高校では学べない個人スキル、シュートテクニックなど周囲と技術の差をつけられます!そのなかで『楽しく』バスケットができる環境だから、自分をどんどん磨いていけます!

 

【編集後記】

コーチ陣から当時を回想して:

スクールに入ってきた時、普通は先輩とマッチアップすることに抵抗あるものだが、ゆいなは先輩に挑んでいくことに積極的だった。先輩後輩関係なく楽しく切磋琢磨できる環境のなかで、すごく成長したと感じる。教え子が活躍する姿はコーチとしてとても誇らしい!

 

スクール在籍生、出身生徒には地区選抜、ユースチーム昇格、全国大会出場、大学バスケ推薦入学など活躍の幅が広がっています。近い将来プロバスケット選手が誕生することを期待し、コーチスタッフ一同より一層の指導向上と子どもたちの心身育成に励んでまいります。

★無料体験参加中★

まずはバスケットの”楽しさ”を感じてみよう!!無料体験参加は同WEB内 申し込みフォームから受け付けています。

入会/参加申込 – 福島ファイヤーボンズスクール | 福島スポーツアカデミー (firebonds-academy.jp)

 

『スクール生の声』VER6.☆

 福島ファイヤーボンズスクール生の声VER6.アップ!!

今回はチアダンススクールに通う生徒の「声」をご覧下さい☆

定期的に更新予定 お楽しみに♪

 

1504688586644_20170906180451藤田あおちゃん:レッスン楽しい!発表するのは緊張するけどみんなと一緒にダンスするのが楽しいです。

ママ:思った以上に子供が楽しんでやっているのが一番嬉しいです。以前から比べると踊っている時の動きが滑らかになってきたと思います。お家でもテレビで流れる音楽に合わせて楽しそうに踊っています。発表会を家族で観に行きましが、真剣に真面目に、しっかりと踊っている一面を見れて嬉しく思います。

 

 

 

1504688657608_20170906180501澤田りせちゃん:ダンスの発表会をして、楽しかったけどドキドキしました。新しい曲の振付はちょっと難しいけど頑張っています。

 パパ:歌とダンスが好きな娘にとって初めての習い事がチアでした。通い始めて1年半、辞めたいと言っていた時期を乗り越え、今では車の中や買い物中などレッスン以外でもチアの曲を口ずさみながら手足を動かしています。小学校に入学しても大人になってもずっとチアを続けたいと言っています。

 

 

IMG_3860

川島りりあちゃん:チアリーダーになる為にレッスンを頑張っています。元気・勇気・笑顔を忘れないように心がけ、楽しくレッスンしています。

ママ:子供がチアリーダーになりたいと言ってスクールに入ったのがきっかけです。

音楽があれば踊りだしたり、人が見ていない所でも練習していて本当にチアが好きなんだなと思います。陰ながら努力している姿に感動しています。

『スクール生の声』VER5.☆

福島ファイヤーボンズスクール生の声VER5.アップ!!

今回はバスケットスクールに通う生徒の「声」をご覧下さい☆

定期的に更新予定 お楽しみに♪

 

無題

桐生 優衣菜さん(中学生):スクールに来てから、何といっても個人スキルを磨くことが出来ています。週の中で1番楽しい時間なので、スクールの1時間がすごく短く感じます。普段では教えてもらえないスキルが身について、そのスキルを試合で発揮することが出来るようになってきました。

母:プロがやっているような技を教えてもらって、すごく意欲が出てきて自分から進んでやろうとしている姿に、(通わせて)良かったと思っています。

 

DSC_2326

DSC_2326

鈴木陸くん(中学生):部活動では習えない高難度な技を教えてもらえます。スクール生は上手い人が多く毎週楽しくスクールを行うことができています。安藤コーチは教え方がとても上手く、いつも冷静な素晴らしい人です。

母:1対1中心にやってくれて、実力が向上できるようにと子どもが頑張っています。安藤コーチの教え方もよく、子供たちは楽しくやれている中にも真剣な姿があります。

『スクール生の声』VER4.☆

福島ファイヤーボンズチアダンススクール生の声VER4.アップ!!

スクールで輝く皆さんの「声」をご覧下さい☆

定期的に更新予定 お楽しみに♪

 

1502326812390_20170810100054

柳沢みくちゃん:レッスンは難しいけど楽しいです!発表するのは、緊張するけど頑張って踊ってます!

ママ:姿勢が意識出来るようになっていて、特に踊っている時の姿勢は良くなってきたと感じています。ストレッチなどをお家でやっているのを家族で手伝ったりしています。

 

 

 

1502326796800_20170810100056近内ほのかちゃん:チアが楽しい!新しい振り付けが少し難しい時もあるけど覚えるのが楽しい。バスケの試合ではドキドキするけど、上手く踊れると嬉しいです!スクールに入って新しいお友達が増えたので、よりチアが楽しくなりました!

ママ:難しい振り付けも次のレッスンでは出来るようになったりして、見違える様に上達するので子供達の吸収力が高いのには、いつも感心しています。チア検定の練習や検定当日も、チアは笑顔が大切なので、「笑顔はいつも忘れない様に」言葉を掛けています。

 

『スクール生の声』VER3.☆

福島ファイヤーボンズチアダンススクール生の声VER3.アップ!!

スクールで輝く皆さんの「声」をご覧下さい☆

定期的に更新予定 お楽しみに♪

 

IMG_3564

及川心陽ちゃん:お友達と練習をしたり発表することが楽しいです。キッズクラスのお姉さんたちのように足を高く上げられるようになりたいです!

ママ:踊ることが大好きなのでチアを習い始めました。難しいと感じると気分が下がってしまうこともありますが、「練習をすれば出来るようになる」ことをチアを通して学ぶことが出来ています。可愛いユニフォームを着ることでテンションも上がるようです。

 

 

IMG_3562澤井沙英ちゃん:楽しい!チアリーダーが好きで、レッスンが大好き!! 

ママ:楽しそうにレッスンをしているので、習わせて良かったです。レッスンでストレッチをするので、体も柔らかくなるし、基礎体力作りが出来ると思います。

 

 

 

IMG_3563大久保春花ちゃん:楽しい!!

パパ:家でも活発に練習したり、踊ったりしています。本当にチアが楽しいんだと、すごく伝わってきます。